住宅見学
またまたかなり久しぶりの更新となりましたが今年最後に友人が設計した住宅を紹介したいと思います。


この家は友人(早田氏)の夫婦(子供2人)プラス両親の二世帯住宅です。
二世帯住宅としては大きなものではありませんが敷地を活かしたコンパクトにまとまった気持ちの良いじゅうたくでした。
c0256572_9332521.jpg

c0256572_9352611.jpg

写真でわかるように元々は敷地の下からアプローチするようになっていたのですが、敷地上の道路とブリッジで接続する形を取っています。内部は施主の要望もあり上下階で各々の世帯が重なるような形は取らず建物を2棟つなぎ合わせたプランになっています。
c0256572_9481074.jpg
子世帯LDK
c0256572_9492815.jpg
親世帯LDK
c0256572_9515124.jpg
1階にあるそれぞれのLDKをデッキでつないで程よくお互いの気配を感じることが出来るようになっています。

2階には居室群がそれぞれコンパクトにまとめられた機能的な住宅でした。




今年は一年ブログの方はほとんど更新してきませんでした。というのも今年からは自分の仕事を中心に紹介していこうという想いがありました。如何せん以前から少しずつ紹介していくと言っていた現在設計段階の釜利谷の家が小事情により進行が止まっている状況です。

かといってブログ更新のためのネタを探すというのも何か違うかなと思い、夏ぐらいからモヤモヤしておりました。



友人の家を紹介するのもこれで何回目だろうか。どんどん差を付けられていて焦っておりますが、来年は早い段階で釜利谷の家を紹介していければと意気込んで今年一年を締めくくりたいと思います。


来年も皆様どうぞ宜しくお願いします。
[PR]
# by arc-shino | 2015-12-28 09:25
釜利谷の家
またまた久しぶりの更新となりましたが、ようやく新たな動きがありました。

年明けに知り合いの大工さんから住宅設計の相談を受けていると紹介しましたが、いよいよ本格的に動き出しますので少しずつ紹介していきます。


もうこの話はいつから始まったのか覚えていないくらい前なのですが、年明けから打ち合わせを重ねてすこしずつ動き出しました。
c0256572_1102538.jpg
敷地を遠目から撮影。

オレンジ色の屋根が大工さんの実家で一筆の敷地で結構な面積があります。
でこの敷地の一角に新築で大工さんの家を計画するという話です。


話が少しずつしか進まなかった理由が
c0256572_11131864.jpg
c0256572_11134072.jpg

写真で見て分かると思いますが、現在敷地には大工さんの実家以外にガレージ、資材置場、後付けのサンルームなどがあり何を残して何をどこに計画するかということが中々決まらなかったためです。



そんななかで年明けから大工さん夫婦、大工さんのご両親の要望を整理しつつ何度かラフプランを提案してようやく話が進みそうな状況になりました。


でこれから基本設計、実施設計と移っていきますが、その他測量等まだまだ整理していかなければいけない事項がありますので時間はかかると思いますが少しずつ紹介していこうと思います。
[PR]
# by arc-shino | 2015-07-27 11:00
住宅見学
日曜日に久しぶりに住宅見学に行ってきましたので紹介したいと思います。

遠藤勝勧さんが設計されて萩原邸という昭和の住宅です。
竣工したのが1958年。今回色々な理由から持ち主の方が手放されてしまい、取り壊されてしまう可能性もあり見学できるのは最後かもしれません。

c0256572_15254154.jpg

16帖の日本間を真中に据え、東側入口近くに事務所、反対側に寝室、北側に水廻りを納め二階に子供部屋や客間がある。屋根が二階の二間がそっと持ち上がる様に大屋根を持ち上げることでゆっくりとしたカーブを描く。(見学会紹介文より)


外観の見た目は屋根がとても印象的な建物です。
c0256572_1534011.jpg



内部の空間も色々と工夫されていて取り壊されてしまう可能性があるというのはとても残念です。
年数が経っただけのいたみなどはありますが、手を加えればまだまだ住宅として生き返るだけに、こういった建物が無くなっていってしまうことに心苦しくなります。
c0256572_15423047.jpg
c0256572_15435657.jpg

c0256572_15444138.jpg
c0256572_15495863.jpg

当日は関係者の方や学生さん達が集まって建物の実測やスケッチなどをして賑わっていました。



常々思っていることですがこういう建物を見るとやはり考えてしまいます。

日本の風土に合った日本の建築。
こういった建物を再生させていくまちづくりはできないものかと。
[PR]
# by arc-shino | 2015-06-01 15:31
テーブル らく楽どう
らく楽どうのミッションも残りわずか。
残っているもののほとんどが家具部門で、まずは待合のテーブル。


先日桜花園さんで購入した天板にスチールの脚を取り付けました。
c0256572_11305276.jpg
c0256572_11335076.jpg

古材を選んだことで使い込んでいる感じが思った以上に馴染んで良かったです。


家具にかけられる予算は限られていましたので中途半端な新品を購入するよりも結果的には良かったと思います。あとは椅子なのですが、今使っているものは仮なので早くテーブルに合ったものを見つけたいと思っています。
[PR]
# by arc-shino | 2015-01-15 11:48
仕事初め
2015年明けましておめでとうございます。
今年初のブログ更新ですが、大したネタもないのですが本年も宜しくお願いします。

さて今年も勝負の年ということで私も5日から早々と動いております。
今年は知り合いの大工さんにかねてから相談を受けている新築の住宅の設計がありましてまずはそちらに全力を注いでいきますのでブログでも随時紹介していきたいと思います。



で今年最初のミッションですが、らく楽どうの残っている部分から。
c0256572_1735069.jpg
こちら古材や古建具、金物などを扱っている葉山にある桜花園さん。




こちらで保留事項だった待合に置くテーブルの天板探し。
店内に山積みにされてる古材をかれこれ1時間くらい探しました。



いい風合いの物はあるにはあるのですが求めている丁度いいサイズの物が見つからず悪戦苦闘・・・





ようやく何点か候補を見つけ、その中で友人がチョイス。
c0256572_17404759.jpg
なかなかいい感じの物が見つかりました。





近いうちに足を取り付けて完成させますのでその時にまた紹介したいと思います。



年初めはこのあたりで。では本年も宜しくお願いします。
[PR]
# by arc-shino | 2015-01-08 17:44



篠原建築設計事務所を知っていただくためのサイトです
by arc-shino
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31